<   2018年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

フライパン一つでハンバ-グ

 先日、テレビのお料理番組コ-ナ-で放映してたのです。
横着な私にぴったりの、ハンバ-グの作り方。
フライパン一つで、混ぜる・捏ねる・焼くをやってしまうと言う、
超簡単料理。


 玉ねぎはさすがに柔らかくしておいた方が良いと思い、
みじん切りにして、電子レンジでチンしておきました。
ハンバ-グの中には、なんととろけるチ-ズをふんだんに入れる様です。



 材料を用意しました、挽肉も一緒に撮るのを忘れました。
挽肉は、今日は奮発して、「柿安」の挽肉、いつもはマル〇ツが多いです。
パン粉は、挽肉600グラムに対して1カップと三分の一、
けっこうパン粉入れるのですね、
私は今迄、この半分位しか入れなかったです。



c0229539_9461957.jpg



フライパンに材料を全て入れます。

手で捏ねます、思ったよりフライパンが窮屈です。
粘りが出るまで、ひたすら捏ね繰り回す。


c0229539_957655.jpg




c0229539_102032.jpg



捏ねはもう良いかなと思い、半分に切ります。


c0229539_1034568.jpg




二つに切ったハンバ-グの種を、平らに丸くします。
そして間にとろけるチ-ズをたっぷり挟み、3センチ厚さの丸いハンバ-グにします。
間にチーズを入れる写真を撮り忘れました。



c0229539_1081043.jpg




大きなハンバ-グの種ですね!
フライパンは26センチの大きさですから。ハンバ-グは直径20センチはあるでしょう!
テレビの材料は、挽肉600グラムでした。
これは、四人前の材料です。我が家は2人ですから、明日も献立はハンバ-グとなります。
ま、好きですので嬉しい事です。


焼きに入りました。
最初は中火で3分焼き、ちょっと焦げ目をつけます。


c0229539_10135666.jpg



c0229539_10141349.jpg





それからの焼き方のメモ帳が、文字が滲んで見えなくなっている。
これは感で焼くしかない!
確か、テレビでは、極弱火で12分くらい焼くと言ってた様な。
極弱火にして、12分焼きました。
番組では、フライパンに焼いて出た油は、キッチンタオルで拭うと言っていた。
焼いて出た油は、旨味が出て美味しいのではと思いましたが、
ヘルシ-そうなので、キッチンタオルで、拭き取りました。


c0229539_10205336.jpg



大雑把に15分後、フライパンハンバ-グが出来上がりました。
番組では、ソ-スは、ケッチャップとウスタ-ソ-スを半々に混ぜ、
フライパンンのハンバ-グを煮込むとありましたが。
メモ帳の字が分からない。
適当に入れていたら、入れ過ぎたらしくちょっとしょっぱかったです。


 でも出来上がりは、とても美味しいハンバ-グになりました。
中から、とろけるチ-ズがほんわかと出てきます。


c0229539_1025386.jpg



c0229539_1026120.jpg




 作ってみての感想は、出来上がりはとても美味しかったです。
フライパンで混ぜるところが窮屈で、種があちこち飛んだりして、
やっぱり、ボ-ルで混ぜた方がやり易いかなと思いました。
しかしとても美味しいハンバ-グが出来た事には感激です。
今日も、ハンバ-グだね。

 材料を、挽肉600グラム(4人分)では無く、
2人分の300グラムにすれば、もっと手軽に軽やかに簡単に出来る事、
今気が付きました。
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2018-06-28 10:36 | Comments(14)

久米島おばけ坂

 先日行った沖縄久米島で、
面白い「おばけ坂」と呼ばれるスポットに案内されました。
一見下り坂道に見えるのですが、
実は、登り坂で、空き缶やタイヤ等を向こうから転がすと、
下り坂なのに、自分の手前の方に、空き缶がコロコロ転がってくるように
見えるのです。

 残念な事に、空き缶を持参していなかったので、
我が夫に、歩いて貰いました。
不思議です。
坂道は、登り坂なのに下り坂のように見えます。




c0229539_1114881.jpg


 奥に向かって下っている坂に見えますが、実は登り坂なんですよ。




c0229539_1135067.jpg





c0229539_115669.jpg





 どうしてそう見えるかと言うと、
縦断勾配錯視(じゅうだんこうばいさくし)と呼ばれる、錯覚の一種です。
坂の奥が急な上り勾配になっていたり、植物が斜めに生えていたりすることで、
上り坂があたかも下り坂のように見えるのです(説明文より引用しました)。

 香川県高松市にも「屋島ミステリー坂」と呼ばれる、おばけ坂があるらしいです。
何ともミステリ-な雰囲気の坂道でした。
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2018-06-24 11:21 | Comments(12)

思い出授業第三回


 今回の思い出授業、初の女性講師、「川越唐桟手織りの会」唐仁原ますみさんを迎え、
「幻の川越唐桟(とうざん)」を、厚く講和して頂きました。
女性の講師と言う事で、私はとても楽しみにしていました。

 「唐桟」とは、江戸時代、東南アジアからもたらされた縞木綿の事です。
極めて細い双糸を使うことで、木綿でありながら、絹そっくりの風合いを持っています。
埼玉の川越の商人達は、いち早く、この点に着目し、当時絹織物の産地として栄えていた
川越の機屋に「唐桟」を織らせました。
これが川越唐桟のはじまりです。(説明文ネットより引用しました。)

 

 唐仁原さんは、その川越唐桟に魅せられて、
自分でも、糸を紡ぎ、そして染色し、機織までなさっています。




c0229539_13554084.jpg






c0229539_13551347.jpg






c0229539_18112896.jpg






 女性なら一度は着てみたい、「渋派手」とでも言うのでしょうか?
手触りも滑らかで、とても着易いお着物に仕立て上がっています。




c0229539_13553126.jpg






 川越唐桟に付いて、資料を基に熱く語って頂いた一時間半でした。
唐仁原さんは、雑誌に載ったりテレビ出演もなさっています。






c0229539_13552194.jpg




c0229539_13554852.jpg




c0229539_18110693.jpg





 出来上がった川越唐桟の反物と、
仕立て上がった川越唐桟の服を着ている唐仁原さんです。
ス-ツになっている服は、よくお似合いです。
写真では上手く見えないのですが、ズボンの横には、スリットが入っていて、
そのスリットに、川越唐桟の布が見え隠れしています。
なんと憎い演出だろうと感心しました。
補足ですが、出来上がった服は幾多の工程を経ている為、
ちょっと私には手に入らないお値段のようでした。





c0229539_13560381.jpg




c0229539_13555500.jpg





 可愛い川越唐桟の布で出来た栞を頂きました。
本を読む時に、使いましょう!
今日も有意義な講座でした。
シニアの仲間達と、同じ授業を受けるのは、
同世代一体感が生まれ楽しいものですね。




c0229539_13570385.jpg




























[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2018-06-19 15:18 | Comments(14)

絶景久米島

 前回沖縄宮古島に旅行に行った時は、
全日程の雨でとても残念でした。
今回、沖縄久米島行き、晴天を願い「照る照る坊主」を、
なんと三週間前より軒下にぶら提げて、全日程の晴天を願いました。
晴天の女神様は、私に味方してくれるでしょうか?

 しかし、旅行前日台風5号発生!
しかも、沖縄の隣大東島付近に上陸、猛威を振るっている。
当日飛行機が欠航になるのではと、凄く心配しました。
運を天に任せるしかない!

 当日の朝、関東地方も台風の影響が見られましたが、
羽田空港に急ぎました。
でもどうやら、沖縄久米島便は就航の様子で一安心。
羽田-沖縄-久米島、
台風の影響も感じられずに、三時間強のフラトを楽しみました。





c0229539_09574327.jpg



 ホテルには午後3時に着きました。
体に優しい日程で、本日は自由行動。
ホテル前のイ-フビ-チを楽しみます。
晴天の女神は、私に味方してくれた様で、
真っ青なビ-チが、私を歓迎してくれます。




c0229539_09575138.jpg




 「やった-、久米島こんにちは。
紺碧の青空、透き通ったビ-チ、逢えて嬉しい!!」
と、海にご挨拶しました。




c0229539_09580211.jpg




 私の好きな青い靴も一緒の旅行です。




c0229539_09581079.jpg




 同じツア-のご夫婦も、直ぐにビーチに散歩に出かけた様です。






c0229539_09582250.jpg





c0229539_13384177.jpg




 奥武島・畳石海岸、素晴らしい風景が広がります。
大きな亀の甲羅のような、奇妙な岩が敷き詰められた場所があります。
これが沖縄県指定天然記念物の畳石と呼ばれる奇岩群で、干潮時にのみ現れます
今回のツア-、初めての経験でしたが、
景勝地を、地元タクシ-に乗り、運転手さんのガイドで観光します。
沖縄方言が混じり、優しいガイドで、何ともアットホ-ムな旅行です。





c0229539_10132086.jpg



c0229539_10131332.jpg

 東洋一美しいと言われる絶景の無人島「はての浜」、
久米島と言えば「はての浜」とも言われる大人気スポット。
船に20分ほど揺られ、真っ白な砂浜に着きました。
あっと息を呑む美しさです。
晴天の女神に感謝しました。







c0229539_10244522.jpg






c0229539_10250560.jpg




c0229539_13335636.jpg




 はての浜は、どこまでも透き通る遠浅の海です。
若い方達は、シュノ-ケリングをしたり魚に餌をあげたり(魚が直ぐ側まで寄って来る)、
私も泳ごうと水着は持参しました、でも諸々考えて写真を撮る事に専念。
素晴らしい時間はあっという間、
名残を惜しみ、本島の方へ帰還です。




c0229539_10245530.jpg



c0229539_10251414.jpg





c0229539_07501096.jpg

 日本にも、こんなに美しいビ-チがあるんですね。
お天気に恵まれた為、真っ白な美しいビ-チを見る事が出来ました。
晴天の女神に感謝します。

 無事に沖縄旅行が出来た!!
しかも美しい真っ白なビ-チ、たくさんの絶景が見れました。
色んな不安はあったけど、やる気になれば出来るんだ。
旅行は楽しいな~。
また何処かへ行きたい!
むくむく好奇心が沸いて来ます。







 

[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2018-06-14 10:45 | Comments(14)

農家レストラン「てんさらばさら」

 週一回通ってる「布草履教室」、
7人の皆さんで、農家レストランへ行って来ました。
レストランの店名は「てんさらばさら」。
料理は旬の野菜を中心に、見沼産野菜を使用、
女性オ-ナ-が自ら自分の畑で種より育て朝採りしています。
そして、全て、無農薬野菜だそうです。







c0229539_10260496.jpg





 自宅にお友達を呼んで、美味しい食べ物をご馳走をして下さると言う
主婦感覚のレストランです。
予約制で、前菜、メイン料理、おしのぎ(蕎麦など)、プチデザ-ト、手挽きコ-ヒ-
それはそれは丁寧にもてなして下さいます。




c0229539_10343519.jpg







 お邪魔したのが12時近く、帰りは3時過ぎに成ってしまいました。
貸切レストランで、予約は一日一組、週3日の営業です。



 備長炭の炭火で焼く、優しいお料理、畑で取れたばかりの玉ねぎは、
熱々を、バタ-と醤油で頂きます。
とても優しい味がしました。




c0229539_10422470.jpg





 
ズッキ-ニの炭火焼きも美味しかったです。
普段ズッキ-ニは焼いて食べる事が無く、炒めて食べるのが多かった私は、
とても新鮮な味でした。
わさび醤油をつけて食べるのです。





c0229539_10450776.jpg





 メインディッシュのタジン鍋です。
採れたて野菜のキャベツがとても甘い!モヤシもシャキシャキです。
アンディスじゃが芋がほくほくして美味しい。
海老・ハマグリ・イカの魚介類からの出汁と、肉の出汁が、
絡まりあって、最高の美味しさです。
備長炭の火力によって、最高のご馳走になりました。




c0229539_10482510.jpg





c0229539_10483306.jpg





 お腹が満腹に成りましたが、まだまだご馳走は残っています。
手作りのお蕎麦と天ぷらです。
私は無類の蕎麦好きですが、
ツルツルといくらでも入り、喉越しが良かったです。
天ぷらは不思議、かぼちゃのつるなのです。
柔らかいつるを揚げてあり、蕎麦との相性抜群です。




c0229539_10451846.jpg





 もう満腹になってしまった私達、
デザ-トの時間迄、レストランオ-ナ-のご自宅のロフトを見学、
そこには、昔懐かしい手作りの手芸品がたくさんありました。


 デザ-トは、オ-ナ-手作りのチ-ズケ-キです。
手挽き豆コ-ヒ-煎れている部屋をちょっと撮影!




c0229539_10340434.jpg





c0229539_10342723.jpg





 美味しいチーズケ-キとコーヒ-で、名残を惜しみました。
自宅に着いたのは、午後4時を過ぎていましたが、
本日の夕飯は、口に入りませんでした。
不思議な事に、眠りに付くまでお腹が空きません。
食べ過ぎてしまったのかな~と思います。




レストランの店の名前の
「てんさらばさら」ですが、
絵本の名前から付けたと言う事です。
子供さんが、この絵本が大好きで
何時までも側に置いておきたいそうです。






c0229539_11170422.jpg














[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2018-06-07 11:08 | Comments(12)

紫陽花

 6月に入りそろそろ入梅かなと思いますが、今日は晴天。
あまりの天気の良さに、私も公園に出掛けてみました。
いつもの散歩道「つくしちゃん(私が自分で思っている名前)」の公園では無く、
薔薇で有名な、まさに薔薇、薔薇で埋め尽くされている公園です。
夏の様に暑いのに、春薔薇は最後の踏ん張りか、綺麗に咲いています。

 
 今日の私は、紫陽花の撮影です。
いつもの軽いミラ-レスでは無く、
ちょっと重いのですが、以前使っていたカメラを持って行きました。
紫陽花も綺麗に咲いていますが、
やっぱり紫陽花には、雨が似合うと思いました。
しかし、元気な紫陽花も良い!
生き生きしているような感じです。





c0229539_15464573.jpg




c0229539_15482064.jpg




c0229539_15473038.jpg




c0229539_15471952.jpg




c0229539_15470100.jpg




c0229539_15473936.jpg




c0229539_15485303.jpg




c0229539_15471175.jpg




c0229539_15465347.jpg




 二時間位、晴天の中、紫陽花の花の撮影をしました。
とても暑かったです。
帽子を被ってはいたのですが、
首の周りの日焼け対策を怠り、首の周りがヒリヒリします。
しかし炎天下の二時間、体力が無くなりました。












[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2018-06-02 16:11 | Comments(12)


毎日の生活を


by 雪うさぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

大きなお祭りですね・・・..
by oshibanayoshimi at 20:49
megumiさんこんばん..
by yukiusagi_syakuna at 17:51
雪うさぎさん、こんにちは..
by megumi at 16:41
itijun3さんおはよ..
by yukiusagi_syakuna at 10:18
わーステキ! 配色も良..
by itijun3 at 09:50
daifukuobasa..
by yukiusagi_syakuna at 09:05
近くの道の駅に手作りコー..
by daifukuobasan at 06:19
sumomoさんこんにち..
by yukiusagi_syakuna at 16:11
megumiさんこんにち..
by yukiusagi_syakuna at 16:09
子猫さんこんにちは。 ..
by yukiusagi_syakuna at 16:07

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

川越まつり
at 2018-10-22 12:42
布草履2点
at 2018-10-19 10:26
神楽坂化け猫フェスティバル2..
at 2018-10-15 11:12
第27回大正時代まつり
at 2018-10-07 16:11
我が家のル-ツ戸籍調べ
at 2018-10-01 13:17

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
シニアライフ

画像一覧