<   2017年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

野木町の向日葵畑

 栃木県の南の玄関口にあたる野木町、
夏の向日葵畑はとてもきれいな所です。
野木町の、「人を呼び込む為の魅力作り」作戦のバス旅行に参加して来ました。


   
c0229539_8413563.jpg


 ゆったりした座席、30人ほどの参加でしたので、余裕の座り心地でした。

最初に訪れたのは、「野木町煉瓦窯」です。

    
c0229539_8452435.jpg


 野木町煉瓦窯は、ホフマン式の煉瓦窯で、
昭和54年国の重要文化財に指定されています。
120年以上もこの場所に残っている、重厚で素晴らしい建物です。

野木町煉瓦窯 

 ボランティアの方の説明を聞きながら、当時の暮らしぶりに思いを馳せました。
内部に入り説明を受けます。
煉瓦を焼く工程を真剣に皆さんと聞きながら、どんなにか暑い作業だったか
苦労を偲びます。


    
c0229539_8572142.jpg



    
c0229539_8573836.jpg



 煉瓦を焼く動力として、上の丸い穴から石炭の粉を入れ込んだようです。
夏場は、暑く辛い作業だったに違いありません。

    
c0229539_90172.jpg



 野木町の向日葵畑の素晴らしさは聞いてましたので、
向日葵を見るのがとても楽しみでした。
ひまわりフェスティバルの会場には、
20万本のひまわりがお出迎えしてくれます。
黄色・黄色、圧巻の向日葵の様子です。


    
c0229539_952913.jpg



    
c0229539_96645.jpg



c0229539_1541785.jpg



 向日葵にも、へそ曲がりの向日葵がいるんですね。
皆一斉に太陽に向かって花を咲かせているのに、
自分だけ我が道を行く、皆と反対の方向を向いている向日葵がいて
私は、笑ってしまいました。
「どうしてその方向に向いているの? 皆と同じ方向が嫌なの?それも個性かな」


     
c0229539_985381.jpg




c0229539_939566.jpg



 会場で、ひまわり迷路コーナ-がありました。
私は早速参加、記念の抽選で三等大きな花火セットが当たりました。


     
c0229539_9155853.jpg



     
c0229539_9134116.jpg



 ちらし寿司と蕎のランチの後、
野木町の農家さんご協力による野菜の収穫体験です。
畑に入らせて頂き、とうもろこしの捥ぎ取り体験、
新鮮なとうもろこしは、生で食べても美味しいと言う事教わりました。
甘くてジュ-シ-です、唯たくさん食べるとお腹が痛くなるとか。


    
c0229539_921359.jpg
 


    
c0229539_9221316.jpg


 お土産に、一人10本捥ぎ取って良いですとのお話、
とうもろこしが大好きなので、凄く嬉しかったです。
皮は付けたままで帰って、家に帰り茹でる分だけその都度剥くのが甘みを残す方法です。
早速家に帰って、とうもろこし4本茹でました。6本は明日のお楽しみにしよう!
甘~いです、最高の美味しいとうもろこしでした。


 その後、渡良瀬遊水地に立ち寄り、雄大な雰囲気を感じましたが、
雨がポツリポツリ降ってきました。空も雨雲が立ち込めて。
大降りにならないうちに帰りましょう。
帰りの途中、豪雨とも思える雨模様で吃驚!
でも、今日も楽しい一日を過ごすことが出来て、嬉しかったです。

 
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2017-07-30 09:29 | Comments(16)

「鶏と野菜の黒酢あん」

 お友達と一緒に美味しいランチをしました。
私は初めて食べたのですが、
凄く体に良さそうな「野菜たっぷりの黒酢あん定食」です。
携帯で写真を撮り、家に帰り自分でも作ってみようと思い立ち、
今日、チャレンジしてみました。


    
c0229539_15445570.jpg


 鳥のから揚げをまず作り、
新鮮な野菜、私の大好きなレンコンをたくさん入れ、
茄子・人参・インゲン・ピ-マン・椎茸を適当な大きさに切り、
素揚げします。

 十分に揚げた野菜が冷める迄、黒酢あん造りです。

 ネットで検索、 黒酢・砂糖・日本酒・醤油・片栗粉を火にかけ煮詰め、
トロリとした、黒酢あんの出来上がりです。
これがまたとっても美味しく出来ました。
冷めた野菜に絡め、美味しい野菜の黒酢あんが完成です。
しかし一つ忘れ物が、じゃが芋のほくほくを入れるのを忘れてしまいました。

 ご飯は、店では五穀米でしたが、
私は、「もちもち食感の十五穀米」を買って来て炊いてみました。

黒酢は、岐阜県八百津町の「臨醐山黒酢」です。


     
c0229539_1642745.jpg



     
c0229539_1644244.jpg



 携帯で撮った写真もアップしてみます。

     
c0229539_1674094.jpg


 とっても美味しく出来き、これから私の得意料理に成りそうです。
ちょっと遠くの店でこのランチを食べたのですが、
近くのイオンでも店がある事を知りました。
次回はイオンの店に行ってみようと思います。
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2017-07-23 16:12 | Comments(20)

奇祭 「どろいんきょ」

 毎日暑い日が続いています。汗が滴り落ちますね。
酷暑に似合うように、上尾市平方「どろいんきょ」祭りが行われました。
五年位前に見に行った事があるのですが、
あまりの暑さに私の頭もスパ-クし、
今年は、「どろいんきょ」を見て納涼しようと思います。


    
c0229539_21514666.jpg



 お囃子の音色を聞くと、私の頭と体は一緒にリズムをとり、
日本人ですね~、とても楽しい雰囲気になって来ます。


    
c0229539_22472516.jpg



 さぁ~、どろいんきょ、奇祭の始まりです。   

    
c0229539_1435411.jpg



    
c0229539_21555871.jpg



    
c0229539_14363093.jpg



    
c0229539_2158153.jpg



 「どろいんきょは」は上尾市の八枝神社で行われる夏祭りで、
疫病退散・五穀豊穣を祈念して盛大に行われます。
御輿の渡御が行われますが、この時「どろいんきょ」と呼ばれる行事を行います。
民家の庭に水を撒き、水を掛けながら白木造りの「いんきょ御輿」を、
泥だらけにして転がすと言うものです。
平成23年に埼玉県指定無形民族文化財に指定されています。

   (案内書より抜粋しました)。

 とても大迫力の泥・泥・泥のお祭りです。
白木の御輿が泥色に染まり、それを撮影する人達にも、泥の跳ね返りがあります。
シニアのカメラマンの方、頭にビニ-ルの帽子、体には大きなビニ-ルを巻いて、
準備万端の構えです。
大迫力の写真は撮れたでしょうか?


    
c0229539_1418308.jpg



    
c0229539_14225912.jpg


 大事なカメラに泥が付いてしまった!
「まいっか!迫力のある写真がきっと撮れた!カメラの一つや二つ駄目になっても・・・」
と言ったかどうか、聞き逃しました。


c0229539_1427791.jpg

  おじさんも頑張りましたね~。
カメラのご機嫌はどうですか?

 私も、帽子・Tシャツ・スカ-ト・靴、全て泥の跳ね返りが付き、
帰りのバスの中では、私は泥だらけの可笑しな奇人に見えた事でしょう。
次回は、着替えを持って行く事忘れてはなりません。
前回行った時は、白いズボンを穿いていたので泥がかかり駄目にしました。
すっかりその教訓を忘れてました(行ったのが五年前故)。 
忘れたと言うか、
今回は泥が付かないように後ろの方でそっと写真を撮ろうと思っていたのです。
しかし駄目です、心とは裏腹に、いつの間にか最前線で写真を撮っている自分がいました。

   
c0229539_2231836.jpg
 

 可愛い子供の「どろいんきょ」も行われました。
暑くても頑張るぞ~!

 おじいちゃんと孫のひょっとこ踊りも披露です。

    
c0229539_2323279.jpg



 どろいんきょ御輿の上に上がり、綺麗なお姉さんのひょっとこ踊りもあります。

    
c0229539_22354358.jpg



 「どろいんきょ」が行われた庭では、見学者の皆さんに、
スイカ・団子・バナナ・キュ-リの漬物の振る舞いがありました。
私も有り難く頂戴して、お腹も満腹、楽しい「どろいんきょ」を見て眼福、
暑かったけど、楽しい一日を過ごす事が出来ました。
有難う御座いました。
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2017-07-16 22:41 | Comments(18)

天下の名湯 草津温泉

 
    
c0229539_12452196.jpg



    
c0229539_1312741.jpg


草津よいとこ
一度はおいで
ア ドッコイショ
お湯の中にも
コーリャ
花が咲くヨ
チョイナ チョイナ
>(草津節より)




 草津温泉は、東の横綱、堂々の温泉日本一に輝いています。
日本全国の湯巡りを楽しんで来ましたが、
この温泉番付表の上位上段、ほとんど制覇しました。
唯一行って無いのが、和倉温泉です。
能登半島には、二回ほどお邪魔しましたが、
和倉温泉宿泊は、無かったのです。
いつか行ってみたいです。

 私「福島県飯坂温泉」で、生まれ育ちました。
飯坂温泉は、上位には入って無く、下位にもランクされてないです。
ちょっと寂しさを感じますが、
私の心の中では、飯坂温泉は、東の横綱堂々の一位に輝いています。


 草津温泉は、観光客にも無料で解放されている町営浴場があります。
浴場の前をうろうろしていたら、浴場から出て来たお母さんに
「温泉入浴して行きなさいよ~、今誰も入ってないよ!
熱い湯と、温い湯があるから気をつけてね。」
と優しい言葉を掛けて頂いたので、
写真だけ撮らせて頂きました。

「白旗の湯」

    
c0229539_1324183.jpg



    
c0229539_1333751.jpg



    
c0229539_133051.jpg



    
c0229539_1331536.jpg



「瑠璃の湯」

    
c0229539_13355410.jpg


「関の湯」

    
c0229539_136365.jpg


 関の湯には、
「午後六時から十時の時間は、町民専用の湯なので、観光客の方はご遠慮下さい」と、
張り紙がしてありました。
とても良い雰囲気の、風情のある無料の温泉ですね。


    
c0229539_1310710.jpg


 こちらは、有料の温泉だと思います。


    
c0229539_13371733.jpg



    
    
c0229539_13143932.jpg



    
c0229539_13145716.jpg



    
c0229539_1315918.jpg



 温泉街にはいたる所に、足湯があります。
足だけ暖りほっこり癒されました。

    
c0229539_13303838.jpg


    

    
c0229539_13163241.jpg


 
 湧き出る温泉で、温泉卵を作っている所もありました。
二時間位卵を入れておくと、温泉卵の出来上がり。
飯坂温泉では、温泉卵を「ラジウム卵」と言います。
温かいご飯のお供に、大好きです。
 

 体力付けて、また来年も草津温泉行きたいな!!
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2017-07-10 13:31 | Comments(24)

草津白根山

 毎年七月、群馬県草津白根山にちょっとした山登りに行きます。
一年に一度の逢瀬、コマクサに逢いに出掛けるのです。
今年で、四回目でしょうか?
草津温泉には、何度か行っていますが、
草津本白根山に登り自分の体力を試しています。
二日目、朝激しい雨模様でした。
時間が経つにつれ、雨は止んで来ましたが、
降った雨の為、歩道で滑ってはいけないと、
今回は白根山湯釜(火口湖)の方に行く事にしました。
草津白根山は群馬、長野両県境に位置する標高2171メートルの山です。

 火山の活発化で、湯釜の方の白根山は、つい最近まで入山が禁止されていました。
火山の活発が緩和されて来た為、三ヶ月前位に入山が許可に成りました。


    
c0229539_1073875.jpg


 白根山湯釜、白根山頂にある世界有数の強酸性火口湖。直径約300m、水深30m。
エメラルドグリーンの湖水をたたえ、
底から湧き出す硫黄泉のため冬季でも凍結しないと言います。
私の故郷、福島県会津磐梯山の五色沼も、
エメラルドグリ-ンの湖がたくさんあり、
やはり硫黄泉の為、冬季でも凍結しないと言う事思い出しました。


    
c0229539_1033527.jpg


 左の登山口から登りました。
結構急勾配で、息が苦しくなりましたが、何とか登り切りました。
登山口から頂上までは、一キロ位の距離なのですが、地獄の急勾配に私には思えました。
登り切った白根山頂上には、くっきりの紺碧の青空と、
神秘的なエメラルドグリ-ンの湯釜の風景が待っていました。

 美しい湯釜を見ていたら、この湖はどんな味?
ムクムク好奇心が沸いて来ました。
ストロ-もあるし、飲んでみよう!


    
c0229539_10282958.jpg


 「お!なかなかいける!神秘の味です。」


    
c0229539_1030722.jpg


 「手でも掬って飲んでみよう!ゴックン、ゴックン美味しいな!」


    
c0229539_1041737.jpg

 
 登る途中でお逢いした登山者、「ヤッホ-」思いっ切り大きな声で山に叫んでいます!


   
c0229539_10434584.jpg
 


   
c0229539_1044538.jpg


 朝方の雨は止んで、嘘の様に紺碧の青空が広がっています。


   
c0229539_10484659.jpg


 「弓ヶ池のアニョハセヨ!」 
白根山上り口近辺には、弓ヶ池があります。
近くて遠い異国の方々が観光にいらしていて、
白根山登山もしていたのですが、歩道で逢う度に皆さん
「アニョハセヨ」と挨拶してくれました。

  コマクサ群生には逢えませんでしたが、密かに小さく咲いているコマクサを見付けました。
私は山の植物の名前に疎く、花の名前が分かりません。
でも、咲いているのを何点か写真に写しました。
山の植物は、目立つ事があまり無いけど、
ひっそりと芯の強さを感じさせる花が多いと思います。


    
c0229539_11115235.jpg



    
c0229539_1112818.jpg



    
c0229539_11122385.jpg



    
c0229539_1112426.jpg



    
c0229539_11125875.jpg

   

 
 
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2017-07-05 11:16 | Comments(20)

毎日の生活を


by 雪うさぎ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31