<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

レトロな遊園地

 大宮公園の遊園地は、とても小さな遊園地です。
しかし、昭和の風景を思い出す遊園地は、
三人の子供達・孫達が小さい時に、よく遊びに行ったものです。
今でも大宮公園は、桜の景勝地でもあり、花もたくさん咲いているので、
時々遊びに行っています。

大宮公園の一角に、遊園地と無料の動物園があるのですが、
昭和時代の懐かしい雰囲気を漂わせている遊園地です。
その名も、「大宮公園児童スポ-ツランド」、
創園は、なんと昭和25年、もうかなりの年数がたっています。

    
c0229539_15212820.jpg



c0229539_15252871.jpgわぁ~懐かしい、「ひょっこりひょうたん島」
小学校時代でした、博士・ドン・ガバチョ、後は覚えていない、
中山千夏さんが声を吹き替えしていました。









c0229539_15311891.jpgポンキッキ
1970年代から「ひらけ!ポンキッキ」の題で、テレビの幼児向け番組で見てたな!
何年か前まで、続編が放映されていたようです。










c0229539_1535265.jpg壁に描かれた車のペンキがはげ、月日を物語っていて、なんともレトロな感じです。












c0229539_15383691.jpg
これって、私が子供時代から、薬局で見かけました。
とても欲しかったのですが(子供心に)、病気とは無縁の私は、薬局・病院に行った記憶が無く、
買ってもらう事はありませんでした。
しかし現在、我が家にある孫達のおもちゃ箱に、これの小さいのがあるので良しとします。








c0229539_15432619.jpg



アンパンマンは、何時の時代も懐かしい子供達の見方です。
背中に乗って、世界中を飛び回れたらな~と、夢見た子供も多いでしょう。
何時ごろからアンパンマンは登場したのかな?












c0229539_15475538.jpg

「月に向かって、お仕置きよ!」
可愛いいセ-ラ-ム-ンです。嫌に足が長くスタイル抜群、6頭身位ですね~。
今は起動していなくて、天井から、ウルトラマンと共にぶら下がっていました。
でも絵になります。





c0229539_15535682.jpg
これまたレトロな、機関銃ロボットのような小さな電車です。
男の子が、「運転してみたい!」と目を輝かせていました。










c0229539_16103162.jpg
これは小さい頃、誰でもが乗った事がある電車ではないでしょうか?
線路をグルグル回り、見守っているお父さんお母さんに「ヤッホ-」って、手を振りました。










c0229539_16151488.jpg
これはパトカ-ですね、小さい頃は男の子には憧れの乗り物だったかな。
おまわりさんって、姿勢を正し立派な人に見えたんでしょうね。










c0229539_16184033.jpg
NH〇の幼児番組「お母さんといっしょ」に出ていたキャラクタ-だと思うのですが、
名前を覚えていません。
もしかしたら、我が家の子供達の時代の後の放映かもしれません。









c0229539_1705037.jpg
これが、どんな由来がある乗り物かは分りません。
ちょっと寂しげに、ぽつんと一人ぼっちでした。
子供達も、色に対してこだわりがあるのでしょうか?
誰か~、乗ってあげてね。








c0229539_1765489.jpg
意味不明です。
ウルトラマンと仮面ライダ-?が、天井からぶら下がっているのです。
思わず、国鉄がJRになったのは、何年前?と考えてしまいました。
どうしてここにJRの文字が?
電車なのでJRなのですね。
「豆汽車」の文字が新鮮!汽車と私が娘時代は、言いました。





c0229539_17134892.jpg
お~、月光仮面が乗るような、スク-タ-です。
代金は一回30円です。
月光仮面は、オ-トバイでは無くスク-タ-らしきものに乗っていて、
大人になってから月光仮面の映画を見て、びっくりしました。
あれでは、活躍できなかったのでは?

レトロな遊園地、一日中見ていても飽きません。
目をつぶれば、当時の子供時代と同じ心になれます。
しかし、目を開ければ歳を取ってしまった自分がいて、ちょっと寂しいです。
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2013-04-28 17:21 | Comments(14)
 さいたま市御蔵では、
今頃の時期になると、クマガイ草がたくさん咲き、人々の目を楽しませてくれます。
例年は、4月下旬から5月に掛けて咲くのですが、
今年は3月の暖かさで、桜の開花が早かったので、クマガイ草ももう咲き始めました。


    
c0229539_1342528.jpg



    
c0229539_13422751.jpg



 クマガイ草、山野草なのですが、その姿、お洒落だと思いませんか?
スカ-トをまとって、ワルツを踊る乙女の様に、私には見えるのです。

さいたま市指定天然記念物になっています。
クマガイ草は、ラン科に属する多年草で、昔はさいたま市でもたくさん見られたそうですが、
今では、絶滅危機に瀕しています。
御蔵の尾島さん宅でしか見られなくなってしまいました。
自生している尾島さん宅のクマガイ草、尾島さんの御好意によって、
この時期になると、一般に開放してくれます。
私は、毎年見に出かけます。


  
c0229539_1412770.jpg



 イカリ草は、メギ科の多年草ですが、かつてはカタクリの花と並び武蔵野を代表とする草花でしたが、
今はやはり珍しい花になっています。
船の碇に似ているところから、この名が付いたようです。
小雨の中行ったので、しずくが付いてしっとりとした美しさをかもし出していました。



c0229539_146530.jpg













c0229539_1492669.jpg













c0229539_14115837.jpg













   
c0229539_14132090.jpg











c0229539_14322724.jpg




















c0229539_14203018.jpg












c0229539_14213914.jpg  













c0229539_14253127.jpg













c0229539_1437072.jpg





























    
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2013-04-22 14:19 | Comments(14)

動物園のシニアパス

c0229539_8351934.jpg


 〇〇動物公園に行って来ました。
ここには、「シニアパス」と言う物があって、一年間5000円で、何回も入園が出来ます。
シニアパスは満60歳から作れ、事務所で簡単に、身分証明書・写真を持っていけば、発行してくれます。

我が家からは、電車で30分位で着き、園内は広々、四季の花々が織り成す風景は美しい、
大観覧車が最近新しいバ-ジョンになり、夏には花火、冬にはイルミネ-ション、
写真を撮るのには、絶好の場所です。

c0229539_8455542.jpg

シンボルキャラクタ-の「トッピ-君」が大観覧車の前で、
「一緒に観覧車乗ろうよ!」とお出迎えしてくれています。
ところが、私は高い所が苦手で、トッピ-君とは、「こんにちは」との挨拶だけにしておきました。
しかし、一年間入園有効のシニアパス、
いつかは、大観覧車に乗り、広々とした関東平野を眺めてみましょう。










c0229539_90843.jpg


 昨日は、土曜日のせいか家族連れが多かったです。
遥か昔(もう30年以上前か)、我が家も五人家族で上野動物園や井の頭動物園に行った事を思い出し、とても懐かしくなりました。
忙しい忙しいの子育てでしたが、今頃になり「いそがしいうちが華」の言葉の意味が分ります。
チュ-リップ畑が満開だったのですが、子供が「お母さ~ん、チュ-リップ綺麗!」と言っていました。
可愛い!
c0229539_910485.jpg













c0229539_9133798.jpg
 この動物園には、白い孔雀が今繁殖期を迎え羽を広げていると聞き、その姿はどんなに素晴らしいかと、
楽しみにして行ったのですが、待てども待てども、私の前では白い羽を広げてくれる事はありませんでした。
パンフレットの写真の羽を広げた白い孔雀は、驚くほどの美しさです。
今日は諦めました、何回も通えるシニアパス、気長に通って、白孔雀のご機嫌を伺いましょう。
きっといつかは、私に美しい姿を披露してくれるに違いありません。




c0229539_9244948.jpg
ぞうさんの厩舎では、子供達による餌やり体験があるようです。
長い棒の先に、像の大好物の林檎を刺し、そっと遠くから餌をあげます。
子供達も喜んで、像と触れ合っていました。
動物園は、今いろいろな工夫をして動物と人間の触れ合いを計っていますね。
私も小学校時代、親に動物園に連れて行ってもらい像さんの大きさにびっくりした思い出があります。
そして、ブリキで出来た像さんのバッチ(黄金色だった)を買ってもらい、凄く嬉しかったのを昨日のように覚えています。


c0229539_9321125.jpg











c0229539_9334496.jpg

アシカの芸は素晴らしいです、その頭の良さにはびっくりします。
輪くぐり・ジャンプ・おじぎ・水中芸・声を出してのパフォ-マンス、
日頃のお姉さんとの訓練の賜物なのでしょうね。
子供達の大喝采を浴びていました、私も大きな拍手を送りました。






c0229539_9394545.jpg










c0229539_9405072.jpg













〇〇動物公園は、遊園地の設備も充実しています。
シニアパスは、入園料のみ無料でアトラクションを利用すると有料になります。
今の私には、もう入園だけで充分満足です。
とにかく、青空の下お花が沢山、動物も種類が沢山です。
ホワイトタイガ-は、3月に四頭の子供が生まれ、もう少し大きくなったら、お披露目が待っています。
摩訶不思議なシシオザル・ワオキツネザル・アカカンガル-、
写してみたい被写体が一杯です。
これから順に通いながら、楽しみたいと思っています。

シニアになり、何と無く寂しいものがありますが、
シニアになるのも悪くないなと思えます。
美術館等、シニアは無料または割引が色んな所であるらしい。
時間が自由になった今、美術館・写真館めぐりをしてみたいです。
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2013-04-14 09:49 | Comments(14)

毎日の生活を


by 雪うさぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30