<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 一月下旬に、旅行に行って来ます。
とても暑い国ですが、大寒の日本から急にいるだけで汗が滴り落ちる国へ行き、
体が付いて行けるかちょっと心配です。
でももう此処まで来れば、決行するしかありません。

準備は万端です、いつ出発しても良い体制です。
インフルエンザの予防注射を済ませ(これは毎年してますが)、財布にお金を入れ、
アクシデントに備え薬を準備(腰が弱いです)、頭を良くする薬があればそれも用意したかったのですが、
着替えの服(気温32度ゆえTシャツで良いか)、暑いのでミニスカ-トにしよう!(似合うかどうかか不安)、
参考本を図書館から借り、下調べをし、あ~、忘れ物が無いか(一抹の不安あり)、
でも、最低限パスポ-トとお金があれば、何処へ行っても心配無いと言います。


    
c0229539_913385.jpg



    
c0229539_9132971.jpg



 高尾山で、階段の上り下りでギブアップしているので、
今回アンコ-ルワットでかなりの歩きがあるので、ちょっと心配です。

カンボジアはビザを必要とする国です。
ネットで調べ、自分でカンボジア大使館へ出向き取って来ました。
出入国カ-ドも、ネットで調べれば充分自分で作成出来ます。



    
c0229539_9225420.jpg



この写真は、アンコ-ルワットにある「東洋のモナリザ」と言われている「女神デヴァタ-」です。
今は近くで見られないとの事ですが、
神秘的な女神デヴァタ-に逢えるのを楽しみにしています。
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2013-01-20 09:32 | Comments(14)

我が家のお正月

 今年も新年に、子供達が遊びに来てくれました。
一年に何回か、子供達が集まりお互いの近況を知らせあったり、
親に挨拶に来てくれます。
残念な事に、長女一家は風邪でダウンし、来れませんでした。
後日、孫達だけでおじいちゃんおばあちゃんに逢いに来てくれました。

我が家は毎年、お正月に集合した時に全員で写真を撮っています。
何時からそれが恒例になったのか、はっきり覚えてないのですが、
記念としてとても良いものです。
孫の成長もよく分ります。
昔の写真を見てみると、自分の老いも感じられて悲しい点もあるのですが、
記録として、これからも続けて行きたいとは思っています。


    
c0229539_1092261.jpg



 お正月の写真、2006年今から7年前です。
やはり、二枚の写真を比べると、孫達の成長は著しいものがあります。
その分、自分は今より若かったわけで、まだまだ頑張って皆に美味しいお正月料理を食べさせようと
頑張ったものでした。でしたと過去形になっています。
今年は?と言ったら、自分では精一杯頑張ったつもりですが、
差は歴然としています。


    
c0229539_10153381.jpg



 女の子の孫は、幼稚園のクリスマス会で演じたお遊戯のドレスを着用してます。
華やかで可愛いですね~、私も着てみたかった(半分しか入らないかな?)。
でも、私も髪に貰ったリボン付けてます。
今では、とてもそんなまね出来ません!


    今年はサプライズが!
孫達だけで、我が家にお泊りをして行くと言うのです。
四人で一緒にお風呂に入ったり、ゲ-ムをしたり、とても楽しそうでした。
こんな時間を過ごせるのは、小学校位迄でしょうね。
良い思い出になったと思います。


    
c0229539_1030280.jpg




 おじいちゃんとおばあちゃんは、
毎年元気に皆集合してくれるのが、とても嬉しいです。
今年も元気に過ごそうと、頑張れます。
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2013-01-08 10:33 | Comments(10)

王子の狐の行列

 新年あけましておめでとうございます。
どうぞ今年も宜しくお願いします。

年末年始、初めて屋外で過ごしました。
以前電車に乗った時、東京都北区王子で大晦日には
「狐の行列」と言うイベントがある事を知り、
これは素晴らしい、是非見たい、写真を撮りたいと、
大晦日を楽しみにしていました。

「狐の行列」とは、
大昔、北区王子にある「装束稲荷神社」の大榎木の根元に、
大晦日に関東一円から数百匹の狐が集い狐火を燃やし、
新年を迎えている様子を、村人達は、その狐火で、
新年の豊作を占いました。
安藤広重は、この伝説を元に「王子装束・大晦日の狐火」を描いたそうです。

これを元に地元の人々が、かがり火を焚き、狐囃子で、
大晦日に新年を迎える行事とした様です。



    
c0229539_10563864.jpg



    
c0229539_10572999.jpg



    
c0229539_10575028.jpg



 若者のお狐さま、子狐囃子、老若男女狐に扮し、
狐の紙製のお面を被り、狐のお化粧を顔に施した様は、
なんとも異次元の世界にタイムスリップした感があり、とても不思議な空間でした。
王子駅前は、伝説の街と化し、丸い提灯に灯りが灯り、
暗闇の世界で狐火の様に見えます。



    
c0229539_13531846.jpg



    
c0229539_13533648.jpg



    
c0229539_140224.jpg



    
c0229539_1405137.jpg



    
c0229539_1422794.jpg



 日本には、たくさんのこういった伝統の大晦日の行事があるものですね。
今迄、それが行われていたのを知らなかったのが、損をしたような気持ちです。
これからは、少しずつ日本の伝統行事の紐を解けて行けたら良いなと思います。
そして、こういった行事を大切に後世に伝えて生きたいものです。


    
c0229539_1482697.jpg



    
c0229539_149077.jpg



    
c0229539_1415425.jpg



    


    


     
[PR]
by yukiusagi_syakuna | 2013-01-01 14:17 | Comments(10)

毎日の生活を


by 雪うさぎ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31